はみんぐ・らいふ|「蕎麦茶庭まるにし」店主の妻が綴るブログ。ゆるりとお付き合いください♪

2月3日、節分。

2月4日、立春。

暦の上では、もう春なんですね。

節分といえば、「豆まき」「いわし」「恵方巻」ですが、

節分に「蕎麦」を食べる習慣があることもご存知でしょうか?

江戸時代には、「節分」を本当の「年越し」(立春が年の改まる日)

という考え方があり、「節分蕎麦」(年越し蕎麦)を食べたそうです。

現在大晦日に食べている「年越し蕎麦」は、

元は「節分蕎麦」だったということです。

もうすでに、大晦日に年越蕎麦をいただいていますが、

せっかくですので、節分の日にも、ぜひお蕎麦をお召し上がりください(^^♪

立春とはいえ、寒さが厳しい2月です。

アツアツの「とろみそば」がおすすめです!

とろみのあん汁とおろし生姜のトッピングでポカポカ温まりますよ(^^♪